洋楽を使うことを勧める理由

 今回はこの学習法で洋楽を使う理由を説明します。

@洋楽は楽しい 好きな曲を使って学習できるので、楽しいです。楽しく英語を学習できたら言うことありません。ノリノリで行えます。快楽には脳が勝手に反応するように出来ています。

A文法の詰め込みから脱却 洋楽を使うことにより文法重視の学習法からより実践的な、「聞いてしゃべる」学習法に転換することが出来ます。もちろん文法は大事ですが、文法が苦手という人には、簡単な物で英語に慣れていくと言うことが大事です。英語に慣れながら平行して文法を学習していってもいいかもしれません。

B洋楽は本物の英語 教材用に売られている物の中には実践に即した物とは言い難い教材が沢山あります。あまりに遅すぎる物、単語と単語が離れていてあまりに聞きやすい物などがあります(もちろん優秀な教材もありますが)。決してネイティブ話者はそのようにはしゃべってくれません。洋楽はネイティブが作ってネイティブが聴く物です。だから、洋楽の中身は間違いなく通じる英語です。スラングばかりの文法が崩壊したような曲もあるかもしれませんが、通じることは通じるはずです。なぜならネイティブが聴いているんですから。あまりおすすめしませんが。

Cリズムに乗れる 中国の国名(?殷とか周とか)を覚えるときに歌を使ったり、英語のアルファベットや曜日を覚えるために歌を使ったりした経験はあると思います。そうすると、とっても覚えやすかったと思います。人間というのは、歌などのリズムに乗ると物事を覚えやすいようになっています。洋楽の場合、本物の英語のフレーズをリズムに乗って覚えられます。

次回は洋楽を使う学習法の効用について書きます。

人気blogランキングへ

Airランキング

ブログ王

air_rank2.gif

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。