洋楽学習法最終段階@

 今回から用意した歌詞をどのように加工していくかを紹介していきます。自分に合ったもの、楽しそうなものを選んでください。色々な方法がありますが、最初はあえて何も加工しないで利用する方法を紹介します。

 というわけで、歌詞を見てみましょう。一通り、最後まで目を通してください。「聴き取れなかった部分は、こういう歌詞だったのか」とか味わってくださいね。

 今度はその歌詞を見ながらひたすら聴きましょう。回数は自分で適当に決めましょう。数十回から100回といったところでしょうか。英語の発音と歌詞のつづりを頭の中で一致させながら、納得のいくまで聴いてくださいね。

 そのあと最後に、歌詞を見ながら、そしてCDをききながら一緒に歌ってしまいましょう。何十回も聴いた曲ですから、頭の中にかなりこびりついている事だと思います。むしろ前段階の歌詞を見ながら聴いている段階で口を動かしたくて仕方なかったのではないでしょうか。このときいままで聴いて蓄積したものを口で再現しましょう。口パクでもかまいませんが、声を出せる環境にあるなら絶対に声を出しましょう。

 このときCDから聞こえてくる発音をマネをしながらすることを忘れないでください。なりきってノリノリで歌って下さいね。母音の発音なんかは少し強調するくらいのほうが練習になります。とくに「a」の発音ですね。口が半開きの弱い「ァ」、するどい「ァ」、口を縦に開ける「オ」みたいな「ァ」、エとアの中間みたいな「ァ」。いろいろあります。

 こうしていると発音がだんだん良くなってきます。そうすると自然にリスニング力も上がってきます。楽しくできるのが、いいですね。

 次回は歌詞を少しいじる方法です。音の連結や脱落に的を絞った練習です。

人気blogランキングへ

Airランキング

ブログ王

air_rank2.gif

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。